「第36回ジオシンセティックスシンポジウム」論文募集
主催:
国際ジオシンセティックス学会日本支部  

 国際ジオシンセティックス学会日本支部(JC-IGS)では,ジオシンセティックスに関連する工学の諸問題,特に土木工学に関連した諸問題に関する最新の調査・研究・適用事例について,毎年シンポジウムを開催するとともにジオシンセティックス論文集を発刊しています。第36回シンポジウム(ジオシンセティックス論文集36巻)に関しては,下記のように計画しています。多数の論文投稿・ご参加をお待ちしています。

シンポジウムの開催日:2021年12月2日(木)~3日(金)の2日間
 開催形態は集合型(対面式)を予定していますが,新型コロナウィルスの感染状況によっては開催形態をオンライン形式に変更する場合があります。開催形態は9月頃に確定する予定です。確定しましたら学会HP(http://www.jcigs.org/)および会員向けe-mailでご案内します。

論文投稿に関して:
 論文は「研究開発論文」と「事例報告」の区分があります。いずれの区分も審査を行い,登載の採否を決定します。採択された全ての論文は「ジオシンセティックス論文集」に登載し,シンポジウムでご発表頂きます。
研究開発論文 ジオシンセティックスに関係する内容で,新規性,独創性がある独立した研究,または技術開発を取りまとめたもの。
事 例 報 告 ジオシンセティックスに関係する内容で,新技術の適用や困難な条件での施工,材料の開発,調査結果など,技術的に価値のある事例。
「ジオシンセティックス論文集」に登載されたすべての論文は, J-STAGE(国立研究開発法人科学技術振興機構が運営する科学技術情報発信・流通総合システム)で公開されます。
投稿料は無料ですが,シンポジウム参加費を別途ご負担頂きます。参加費は6,000円(IGS会員 特価4,000円,学生会員 特価1,000円)です。シンポジウム参加料には論文集代(J-STAGEからのダウンロード形式を予定)が含まれます。参加申し込みの方法については,シンポジウム前のプログラム公開時にあわせて学会HPで公開します。
投稿要綱と原稿作成例は学会HP(下記)で閲覧できます。研究開発論文,事例報告いずれも最大8ページで,規定の書式を厳守していただきます。
  [参考]
 投稿要綱:http://jcigs.org/journal/toukou-youkou-202101.pdf
 原稿作成例:http://jcigs.org/journal/journal_form2020/form3_120323.pdf
   
聴講に関して:
シンポジウム参加費をご負担頂きます。参加費は6,000円(IGS会員 特価4,000円,学生会員 特価1,000円)です。シンポジウム参加料には論文集代(J-STAGEからのダウンロード形式を予定)が含まれます。参加申し込み(論文集の購入申し込み)の方法については,シンポジウム前のプログラム公開時にあわせて学会HPで公開します。

問合せ先:
  中央大学理工学部都市環境学科 平川大貴(ジオシンセティックス論文集・編集委員長)
Tel: 03-3817-1798
E-mail : hirakawa<at>civil.chuo-u.ac.jp(<at>をアットマーク@に置き換えて下さい)



update:2021/2/11